<< お伊勢参り。 | main |

悲喜こもごも母の日。

お花屋さんにはたくさんの人が立ち寄っていたり、

10歳くらいの男の子が一輪のバラを自転車のかごに入れ、

大切そうにゆっくり走っていたり、

こちらが思わず微笑むような、

そんな光景があちこちで見られました。

 

そう、今日は母の日だったのです。

 

金曜日、

娘も幼稚園での制作物を持ち帰って来たので、

この時期の制作、当然母の日だろうと期待すると…

 

完全に私をスルーして、

 

「はい、これ、ゆうまに。」と兄へ…。

 

え?私じゃなくて?

 

IMG_20170514_35569.jpg

 

カンガルーといい、花といい、

どう見ても母の日向けのような…。

 

が、しかしメッセージは

「ゆうまへ。いつもあそんでくれてありがとう」

 

え?ママじゃなくて?と一応確認してみると、

 

「だってせんせいが、ありがとうっていいたい、だいすきなひとに。って。」

 

うんうん、

わかりますよ。

 

わかるけどーーーーー。

 

よりによって、息子かーーー。

 

そして、その息子はちょっぴり勝ち誇ったかのように

 

「年長…幼稚園最後の母の日制作だったのにね…」と

無邪気にボソッと素直な感想。

 

ふーーー。

私もまだだな、と思った次第であります。

 

が、

本日こんなものを!!!

 

IMG_20170514_26687.jpg

 

わおーーー。

 

ありがとう!

 

なぜかニンジン(らしきもの)から毛が生えてるけど、

ありがとーーーう!

 

 

 

posted by: 春原佑紀 | - | 23:39 | - | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 23:39 | - | - |